戦友の死

今朝、1時頃、一人の戦友が旅立って行った。

太陽照美さん。
太陽照美さんのFacebook

彼女と初めて会ったのは、今から2年以上前。
駒込の自然食レストラン なーりっしゅだった。

そのときは、彼女が癌であることを、私は知らなかった。
が、なんとなく、そうではないかと感じていた。

Facebookでつながって、彼女が癌であることは数日後に知った。

私は、ゲルソン療法を実践していて、食べられるものが極端に制限されていた。
彼女は、好きなものを、感謝して、満喫して食べて、好きなことを好きなだけする、という生き方を実践していた。

彼女のガンが、どこのガンで、どのような状態だったのかは、よくわからないが、
余命は半年~1年程度と、宣告を受けていたという話は聞いたことがある。

それが正式な(?)余命宣告なのか、雑談レベルでの、
「病院に行かないと、半年で死んじゃうよ!」
みたいな話だったのかは、よくわからない。

だが、余命が半年でも、1年でも、
医者が見込んでいたよりは長く生きられたことに違いはない。

また、治療を受けていたよりも、
愛する人と残りの人生の全ての時間を、楽しく充実した時間にし、
想い出の写真、想い出の場所、想い出の味・・・、多くの想い出を遺すことができたことに、
ちがいはない。

彼女と彼女を支えたご主人の、生き方の選択、生き様の選択、を私は100%承認したい。

彼女の死をもって、やっぱり代替療法、自然療法はダメだ、という主張をする人、
あるいは、そういう疑問を持つ人もでてくるかもしれない。

しかし、代替療法、自然療法に取組む者たちが注目するべきなのは、
余命が伸びたのか、縮んだのかではなく、
彼女が生きた時間が、三大療法を受け入れた場合と比べて、
どれほど充実した「生」を送ることができたのか、
そして、
どれほど穏やかな「死」を迎えることができたかではないだろうか。

彼女は、死を迎える数時間前、緊急入院が決まった写真を自撮りしてFacebookにアップしていた。

彼女は、それから数時間後、
彼女の愛する人に見守られ、手を優しく握られ、もしかしたら腕枕とかされてたかもしれない・・・
そうして最後の瞬間を刻んだのだろう。

思い通りにいかないことのほうが多いのが人生だが、
これ以上ないほど理想的な最期を迎えることができた彼女は、
本当の意味で、ガンに負けなかった勝者なのだと、私は思う。

3年近く彼女を支えたご主人の喪失感は、計り知れないだろう。

ただ、彼女のご冥福をお祈りするばかりである。

お疲れさま。
出会えて、本当によかった。
本当に、ありがとう。

ゆっくり休んでね。