運営会社

「イノベーション」と「個人的幸福」の両立

 初めまして。
 有限会社QOL 代表取締役 セミナープロデューサー 岡村威治と申します。

【イメージ】有限会社QOL 代表取締役  セミナープロデューサー 岡村威治

有限会社QOL 代表取締役 セミナープロデューサー 岡村威治


 弊社、と言っても、社員は私だけの個人事業のようなものですが、
2005年よりセミナー・イベント事業に携わり、これまでに300以上のセミナーを企画・運営・サポートしてまいりました。

 その中で、私が特に感じていることは、
 現代は、明治維新以来の、歴史的な、大きな変革期だということです。

 ITの浸透は、変化のスピードをますます加速化させると同時に、
ますます、グローバル化、ボーダレス化は進み、
社会構造は制度疲労を起こし、
人々の意識・思考は、次の新しい価値観の創造へと向かいつつあります。

 現在は、そのような不連続に変化を繰り返す、
先の読めない、とても難しい、不安定な社会環境ではありますが、
その一方で、
ITをはじめとする価値を生産する道具の汎用化・安価化によって、
私たち個人の社会への影響力は、
これまでの人類史上でも例をみないほど相対的に高まっている時代でもあります。

 このことは、見方を変えれば、とても大きなチャンスであり、
このような時代に生まれた私たちは、
今はどうであれ、誰もが、
幕末の坂本龍馬や、戦国時代の織田信長、徳川家康のような、
歴史に名を残すような、イノベーターになれる可能性があるのです。

 有限会社QOLでは、2005年よりセミナービジネスを通して、
いかに「イノベーション」を生み出すかについて、考え続けてきました。

 その一方で、歴史的イノベーターである、坂本龍馬や織田信長など、
歴史的・社会的イノベーションを起こした彼らが、
一人の人間として、
本当に幸福で、穏やかで充足した人生を送れたかというと、
それは甚だ疑問が残ります。

 龍馬は、維新後の新政府を見届けたかったでしょうし、
日本初の新婚旅行をしたくらいですから、
幸せな家庭、夫として、父親としての幸せも味わいたかったかもしれません。

 もちろん、何か社会的な大事業を達成するために、
何かを犠牲にしなければならないこともあるのかもしれません。
 人生の目的の中に、家族や家庭というものは含まない、という考え方の方もあるでしょう。
 それについて、私たちは否定するつもりはありません。

 しかし、私はそうではなく、
ビジネスパーソンとして、たとえ小さくても社会にイノベーションを起こし、
同時に、一人の人間としての個人的な幸福を貪欲に追求し、両立していくことを目指しています。

 もし、あなたが、
社会や組織、あるいはあなた自身の中で「イノベーション」を起こし、
同時に一人の人としての「個人的幸福」を追求、両立したいのでしたら、
弊社のセミナーは、何らかのお役に立てるかもしれません。

「○○日で(短期間で)・・・」
「手っ取り早く」
「誰でも、簡単に儲かる!」
「今がチャンス!」

という、ものはありませんが、
あなたの人生に、
長期的、複利的に豊かさをもたらしてくれる情報を厳選しています。

 いつの時代も、真のイノベーションは、
組織ではなく、個人によって、もたらされます。

 革新的な個人のエネルギーと、ネットワークによって、
ほんの思い付きに過ぎないような小さなイノベーションから、
社会的なイノベーションが生み出さられることもあります。

 弊社のセミナーが、あなたの中のある小さなイノベーションの種を発芽させ、
あなたの人生に大きな変化をもたらし、
あなたの人生の質(QOL)を高めるきっかけとなりましたら、嬉しい限りです。

有限会社QOLオンライン・セミナー

有限会社QOLは、弊社企画・運営セミナーを、
いつでも、どこでも、
お好きな時間に、ご自身のペースで学んでいただけるよう、
会員限定サイトにて、オンラインで配信しています。

オンライン・セミナーですので、

  • 「関心はあるけど、時間が合わない」
  • 「遠くて気軽に参加できない」

そんな時間的・地理的制約のあるかたにも、気軽に学んでいただけます。

現在、

  • 300社 3万人が受講した、
       伝説の営業/カリスマ経営コンサルタント 越石一彦
       絶対的営業力・営業マネジメント力養成講座
  • 「病人ゼロ」を目指す!健康指導師会
       健康セミナー
  • 気の流れを読んで、脱力成功を目指そう!
       気学コーチ 塚本邦亜基
       ビジネスに活用する気学講座

を配信中です。

 また、有限会社QOLでは、高田馬場起業村オンライン・セミナーとは別に、
ビジネス論語オンラインも運営しています。

 関心のあるコンテンツがございましたら、気軽にアクセスしてみてください。

 あなたのよりよい学びに、お役立てください。

高田馬場起業村 沿革

 高田馬場起業村は、2006年、新宿区で起業した、有限会社インキュネットが、運営したシェアオフィス高田馬場起業村に端を発します。

 シェアオフィス高田馬場起業村では、そこに集まった起業家同士、交流を深め情報交換し合う中で、お互いが講師となりそれぞれの得意分野を活かした勉強会が、自然発生的にを定期的に開催されるようになりました。

 しばらくすると、内部だけでの勉強会ではネタが尽き、メンバーである有限会社QOLセミナープロデューサー岡村威治が中心となって、外部から講師を招いて勉強会を開催するようになりました。

 その後、シェアオフィス高田馬場起業村は、2008年、建物の老朽化による取り壊しにより、惜しまれながらも、閉村となりましたが、
場所が無くなったとはいえ、仲間たちは定期的に集まって、情報交換をしたり、勉強会を定期的に継続開催するようになりました。